自動車保険は補償優先で選ぶ?できるだけ安く加入?


自動車利用のリスクを考慮して選ぶ

全国では常に自動車事故が起きていて、怪我も物損被害もそれほどないものもあれば人が亡くなったり物が大破する事故もあります。自分自身は安全運転をするから保険は自賠責で十分と考える人もいるでしょうが、もらい事故などもあるので万が一に備えて任意保険にも加入しておいた方がいいでしょう。いろいろなリスクをカバーしてくれる補償があるので、どんなリスクに対応したいかを考えて選ぶようにしましょう。まずは自賠責の上乗せ分として対人賠償を無制限にできる補償があります。その他対物の損害賠償を無制限でできるもの、自分の車両が破損した時などに修理をしてもらえる補償もあります。補償の中には似た内容もあるのでダブらないように注意しましょう。

補償を最低限にして安く加入

自動車保険は自賠責と任意があり、自賠責は自動車保有者は必ず入り任意はそれぞれの任意で加入をします。自賠責で対人損害賠償の補償が受けられるので万が一のトラブルに備えられますが、自賠責だと補償に上限があり必ずしも十分と言えません。任意保険への加入は自由になりますが、最低限の補償として対人損害賠償に加入して賠償限度を無制限にしておくと良いでしょう。できるだけ安く入るなら無駄な補償を付けるのは良くなく、車両補償や搭乗者の傷害に関する補償は付けなくてもいいかも知れません。安く入るには各保険会社から見積もりをもらって元も安い会社を選び、20歳代の人が利用しないなら自動車を利用する人を限定してさらに安くなるようにしましょう。

自動車保険は、万が一の交通事故の際に経済的な面でカバーできるだけでなく、相手方との交渉をスムーズに進められるといった利点があります。