通信制高校の選び方のポイントとは?公立と私立の違いについて


学費で選ぶなら公立がおすすめ

通信制高校はさまざまなものがあるので、どれを選んだらよいのか迷ってしまうことが多いのではないでしょうか。通信制高校を選ぶ場合、まず公立か私立、どちらか選ぶことが大切です。公立と私立、どちらを選択するかは、どの点を重視するかによって異なります。なるべく学費を抑えて学びたいのであれば公立が最適です。公立の通信制高校は、入学金500円で授業料は1単位あたり300円程度なので、年間1~3万円程度で通うことができます。その他にかかる費用も制服がなければ年間3万円程度なので、学費を抑えたい方におすすめです。ただし、公立の通信制高校は都道府県ごとに1~2校くらいしかないので、自宅から通学可能か確認することが大切です。

学びやすさで選ぶなら私立がおすすめ

なるべく学びやすい学校に通いたいのであれば、私立の通信制高校を選ぶのが有効であるといえます。私立の通信制高校はそれぞれ特色が異なるので、自分に合った学校を選ぶことができるからです。私立の通信制高校の特徴は、卒業率と進学率が高いことです。通学日数を選べるなど自由度が高い点も私立の特徴となっています。私立の中には専門的な内容を学べる学校もあるので、自分が興味のある分野を中心に学ぶこともできます。ただし、私立は公立に比べて学費が高いという特徴があるので、学費をよく調べてから学校を選ぶようにしましょう。私立の学費は、入学金が2万~5万で授業料は年間18万円からになります。授業料はスクーリングの日数によって変わります。

通信制高校を埼玉県内で探す場合は、県の教育委員会に問い合わせてみましょう。教育委員会のホームページでも調べることが出来ます。入試情報なども掲載されているので、チェックしてみると良いです。