心理学を学ぶ方法とは?具体的な学び方とその注意点について解説します


学校での学び方と注意点

心理学を基礎から応用までしっかりと学びたい場合は、学校で学習しましょう。心理学は、臨床・行動・社会・認知・発達など様々な分野があり、自力で学ぼうとすると相当な時間と労力が必要になります。しかし、学校では複数の分野をまんべんなく学ぶことができます。それぞれの分野に専門の講師がいるため、より深く学ぶことができるのです。また、座学だけではなく実験も行います。心理学を学ばなければ見ることができない珍しい器具を使用できたり、コミュニケーションスキルを身に付けることができるのです。

ただし、学校で学ぶ際は必ずお金がかかります。通学制大学で4年間学ぶ場合は数百万円、通信制大学であっても最低数十万円はかかるため注意しましょう。また、レポートや試験に合格しないと単位を取得できない点にも気を付けなければなりません。

独学での学び方と注意点

心理学は必ずしも学校で学ばなければならないわけではありません。なるべくお金をかけずに学びたい人や、1つの分野だけ極めたいという場合は、独学でも十分学習することができます。例えば、参考書や心理学辞典を購入して学ぶ方法です。インターネットも活用すれば、瞬時に知りたい情報が表示されるため便利です。しかし、いずれも注意点があります。心理学は常に情報が更新される学問です。参考書やインターネットの情報が古いケースがあるため、十分に注意しましょう。

またインターネットでは、素人が作ったホームページの情報を鵜呑みにしないようにしましょう。情報が間違っている恐れがあるためです。学会など公式のホームページを参考にしましょう。

心理学の大学は、国立や私立を問わず、文学部や福祉系、人間科学の学科などが配置されている学校を選ぶと学ぶことができます。